指導者


常任指揮者

阪本 健悟

 2007年“故郷和歌山の合唱文化の発展”と“新しい音楽の伝道”という理想の下、Ensemble Mikanierを立ち上げ、常任指揮者として指導している。

 2014年にはコンクール初挑戦にして、第30回宝塚国際室内合唱コンクール近現代部門銅賞、JAF KIDUNA合唱コンクール2014関西大会最優秀賞にそれぞれ導く。

 近年は作曲家千原英喜、相澤直人両氏の作品を数多く取り上げていて、2014年には両氏をゲストとし、両氏の作品のみで構成された演奏会~千原英喜の宇宙×アイザワールド~を開催し好評を博す。

 また、学生時代の運営・技術経験を活かし、学生合唱団の活動支援も積極的に行っている。特に、和歌山大学アカペラアンサンブルには立ち上げ当初から関わっており、現在は総監督として運営・技術両面からのサポートをしている。 「見た目の割に繊細な指揮」と評されることも多く、特に言葉や情感を大切にした細やかな音楽作りには定評がある。

 現在Ensemble Mikanier、和歌山大学アカペラアンサンブル、和歌山市立明和中学校合唱部、女声合唱団Mimosaを指揮している他、和歌山県合唱連盟理事・事務局長を務めている。JCDA日本合唱指揮者協会会員。公式ホームページ


監修・音楽監督

伊東 恵司

京都市在住。

児童・混声・女声・男声…あらゆる形式・ジャンルの合唱指導を行い、全日本合唱コンクール・宝塚国際室内合唱コンクール等でグランプリ、金賞、特別賞を多数受賞。世界合唱シンポジウムでは2度にわたり(ソウル・バルセロナ)特別招待演奏団体(「なにわコラリアーズ」「Ensemble Vine」)に選出される等、海外公演も多数。現在は、全国各所で講習会講師や審査員を務めるだけでなく「アルティ声楽アンサンブルフェスティバル(京都)」「コーラスめっせ(大阪)」の主催や「小中高の音楽教師向け講習会」の企画等、合唱の広がりを目指した活動を行い各方面の注目を集めている。日本合唱指揮者協会理事、全日本合唱連盟子どもコーラス委員。カワイ出版より「スチューデントソングブック(1・2)」「合唱エクササイズ(育成編・運営編)」他、ブレーン株式会社より「合唱のイントロダクション」を上梓。


ヴォイストレーナー

杉田 結里

京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。

声楽を、上西一郎氏、木川田温子氏に師事。

第7回奈良県独奏・独唱コンクール第一位。第49回滝廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクールに出場。2000年奈良県新人演奏会に出演。

現在、Le・コスモス指導者、レディースシンガーズSophia指導者、混声合唱団クール・シェンヌ副指揮者を務める他、ヴォイストレーナーとしても各方面で指導を行っている。

また、松下耕氏が音楽監督を務める「関西耕友会」の指導スタッフを務めている。